masii’s notebook

僕がときどき投稿するDTM作品について、などの予定

よるのうた

マティスとして今年3作目です。

 

www.nicovideo.jp

youtu.be

 

itsmeさんの詞の世界観がすべてといってもよい作品です。

なので、まずitsmeさんのこの曲についてのブログをお読みいただくとよりわかりやすいかと思います。

 

itsmeee.hatenablog.com

 

今回は制作過程が普段と違っています。

 

詞先

コラボとしての詞先は初めてです。

単独で作詞作曲時は、詞(仮詞)と曲をほぼ同時に作るのが割といつものスタイルなのです。が、今回はitsmeさんに完全に先行して詞を作ってもらいました。

詞先で試してみようと言ったものの、もらってみればまったく想定してなかったテーマであり、また、冒頭の「蒸し暑い夜は、窓を開け寝や」の「寝や」というのは三重や愛知あたりの方言なので、これどんな世界??って(笑)

 

これどんな世界〜電車の音

以前にitsmeさんと電車の音の話はしたことがあります。

僕も出身がど田舎なので、静かな夜は何キロも先の遠くを走る列車の音がトトンタタンと聴こえてきたものです。

そして、そのころから年月も経ち、住んでいる場所も田舎ではなくなった今だって(このブログを書いている今だって)、空き地とかの関係で遠くを走る列車の音がきれいに聴こえてくるんです。

その音を聴きながら、ノスタルジックで田舎なかんじってどうしたらいいんだろうって曲の構想を練ってたところ、「まてよ、このまま電車の音を全面的に入れてしまうのってどうかな?」と思い付き、今作の原型につながっていきました。

 

メロディーをつけていく際にはゆかりさんに雰囲気にあわせてもらいました。いつもと違い、詞をつけたまま音符をいじってメロディーを調整していきました。

 

あと、サビの後半、ロングトーンが入るのですが、少し前作の「U」ぽいなと後で思いました。他の曲を並行でいくつか試作していたので気がつかなかったというのが正直なところ。でもまあ、自分の曲に似ている分にはいいかなーと、そのままに。

 

スカーレット池田さん

デュエットにしようといつ思い立ったか記憶がありませんが、itsmeさんのおすすめでUTAUのスカーレット池田さんを使わせてもらうことにしました。雰囲気に合いかつ不思議さもある独特の歌声です。

※この経緯は、itsmeさんのブログ見てください。

 

実際は、itsmeさんがスカーレット池田さんのメロディーの原案を作り、UTAUの打ち込みと調声をしています。

僕は途中経過で(UTAUのスキルがないので)一旦ゆかりさんに置き換えて、特徴的なところを使いながら、大きくメロディーを組み直しました(これはitsmeさん了承済み)。

※余談ですが、ゆかりさんの低音はもともといいと思ってましたが、さらに低くするとまた違う世界が広がると発見。別の作品でトライしてみたいです。

 

最終的なアレンジとミックス

今回はitsmeさんがミックスを担当してくれました。

はじめからそう決まってたわけではなく、一旦ミックス前の各トラックが出来上がった段階で分岐点がきました。

 

特にエレピの音の捉え方を発端に、itsmeさんと僕で感覚が違うことが分かりました。

itsmeさんはもっと優しい音でさらにシンプルがよい、僕は音はそのままがよくてともすればアレンジを加えていきたい。うーむ。

 

今回はitsmeさんの世界観が主導しているわけだから、itsmeさんの感覚に寄せるべきと判断し、ちょうどitsmeさんも単独作でミックスにチャレンジはじめたところなので、今作もミックスしてほしいとお願いしました。

 

その方向性にそって、いったん出来たエレピトラックから、(もともと、全音符的な伴奏ではありましたが、)ばっさりフレーズ類を削除しました。

itsmeさんの全体のミックスは優しくまるく、その世界観に収まっていきました。

結果、スキマが多く控えめなオケは、電車などの環境音(itsmeさんが加えた特別な音も含め)が聴こえやすく、コンセプトにあったものになりました。

今回itsmeさんの世界観を実現する上では最良のだったと思います。

※なお、僕がミックスをしたら、違う方向性へ持って行ったはずなので、良し悪しはともかく別の作品になってしまってたかと思います。

 

投稿

作成当初は、「マティス寄り道作」と銘打って、肩の力抜いた作品として、投稿先も絞るなどの話をしていましたが、本気度も高くなりフルの投稿となりました。

がんばったitsmeさんのアカから。

投稿予告は無しで、突然というのが今までと違ったところですね。

これは季節もの、ちょうどまだ暑く窓を開けて寝たいと思える頃には出したいなというところから、当日お昼過ぎに今日投稿がいいと判断したものです。

※実は僕は直前外出してて飲みも入っていたので、かなりコンディション厳しかったですが(笑)

 

そんなこんなで、ちょっと異色のマティス作。いつもなにかしら異色な部分があればいいなと思っているので、これもマティスの本道かと。

 

いつにも増して長く書いてしまいました。

もし、この作品を気に入ってくださればほんとに幸せです!

 

 

U

シンプルなタイトルのこの曲は、itsmeさんとのユニット Mattie-S(マティス)の復帰2作目です。

自分ではすごくお気に入りです。

 

www.nicovideo.jp

 

このブログまで読んでいただけてほんとありがとうございます。

ある程度本音的に書きますね。

 

作成したのは結構前、寒かったころです。
割とすんなり思うとおりにできた気がします。
シンプルなのでもうひとひねりしたほうがいいかなと思わないでもなかったのですが、自分の中でこれはこのシンプルなままでいいと、これまたすんなり決着がついてしまいました。
未発表の自分の曲を聴くといろいろ直したくなるのですが、この曲はそんな気にもならず、ストレスなく聴けるお気に入りになってしまいました。


マティスの前作[ réɪ ]は、マティスとして復帰作なので、みんなに気に入ってもらえるような作品にしたいと自分なりに気合が入ってたのですが、この「U」は自分自身が気に入るように肩の力抜いて作ったかんじです。

アンニュイなかんじが僕のゆかりさんっぽい気がしてて、しばらくそういうのを作ってなかったので、作成当初からそういう自分の原点方向へいくように作っていきました。
DTMって面白いなあって当時の素朴なかんじも思い出せるように。もう完全に自分が聴くためにつくってるってやつですねw

 

そして、作詞はitsmeさんにお願いし、とてもぴったりな詞をつけてもらいました。
そのあたりは、itsmeさんのブログで語られるでしょうから、そちらをご覧ください。

 

詞も含めて寒いころには完成してたと思います。[ réɪ ]を投稿する前くらいかな。
あとは、itsmeさんの動画が出来上がるのをひたすら待ってたというかんじです。itsmeさんも僕も他の作品の発表の順番とかの兼ね合いで、夏にまでなってしまいましたw
でも、冬の感覚みたいなのがもしかするとあって、毎日の暑さから少し離れられるような曲になってたらなあとも思います。

 

itsmeee.hatenablog.com

 

できあがった作品は、すごくマティスらしいなと自分でも思います。
 

この曲がどこまで気に入っていただけるかわかりませんが、もし好きになっていただけるならこんなうれしいことはありません!

読んでいただきありがとうございました!!

 

戯れ言

この曲はいろんな経緯がありまして

  

www.nicovideo.jp

 

原曲ができたのは実は結構前です

作ったときは投稿することはあんまり想定してなかったというか…

 

 コラボについて

そんな原曲でしたが、今回、TZさんにギター弾いていただけまして、一気にロックなかっこいい作品になりました!

(自分の曲を自分でかっこいいというのは、いつもならとても言えないんですが、今回はTZさんの演奏で生まれ変わったという意味で、いわせてください!)

TZさんは、2年前僕が作曲を始め、ニコ投稿とツイッターを始めたほんとの最初の頃から仲良くしていただいてまして

当時からTZさんのハイクオリティな作品のファンだったので、まさか自分の作品でギターを弾いていただける日が来ようとは想像もしてませんでした

やー、長いこと続けているといいことあります!今後も頑張っていきたいものです!

また、pomさんに動画を作成してもらいまして、ダークさとエキセントリックさがミックスしたような、pomさんの独特な世界観で映像にしていただけました!

詞とメロディがまさにそんなかんじなので、うまく融合していただけたなあって思ってます

原曲からは少し展開をひねったのですが、そのあたり表現を工夫していただけてうれしかったです

 

あと、スペシャルサンクスのNomika堂さんは、動画作成にあたり、pomさんとのやりとりの中でいろいろ意見だしていただけたので、影の監督ということで(笑)

 

詞について

詞は、かなり鬱な内容だと思います

そのことはまた別の機会に

 

曲について

原曲はシンセギターとドラムとベースとゆかりさんというシンプル構成だったんです

おなじみの無償路線で、シンセギターはVS BRUSTというフリーのギター音源をKONTAKTプレーヤーで無理やり使ってました

これがデモ版なので15分とかで音がならなくなる代物で、音が切れてはプロジェクト開きなおしを繰り返して作るという苦行でしてw

でそうやって打ち込んだものの、シンセギターはわき役ならいいけど、真ん中にいるのはクオリティ的にちょっときついかなあって思ってて

それがTZさんのギターで生まれ変わったってことなんです

 

ミックス~PC故障

TZさんにギターを入れていただいたことから、ミックスもこれを機に一から勉強しようと一念発起したところ、PCが故障してしまいました

HDD故障でCドライブがまったく読めなくなり、結局PCを買いなおすことに

残念ながら外付けHDDにバックアップしていたものでは、プロジェクトファイルは元に戻せませんでした(DTM環境の復旧は一か月かかっており、冗談抜きで大変な経験でしたので、別途ブログに書こうと思います)

まあ、最低限のミックスはできていて、その音源は救えていたので、今回の投稿にこぎつけることができました

不幸中の幸いです

ただ、ミックスはもっと追及して完成させたかったというのが本音ですねー

 

いろいろありましたが、投稿できてよかったです!

創作は、完成に至るまでの経緯や気持ちを包含して、こうやって形にのこっていくのがほんとにうれしいことだと思います!!

みなさまには、聴いていただき、こんなブログまで読んでいただき、ほんと感謝いたしますー!

 

自我境界ディストピズム

この作品は、ピアプロでのコラボ曲になります

初めての試みであり、結果、今までの僕の発想の範囲を超えた面白い作品を作れたと思ってます!

 

www.nicovideo.jp

 

www.youtube.com

 

ピアプロでは歌詞募集のかたちをとりました

 

曲は年末に作ったものです

ずっと同じリフを繰り返してるだけの曲に、AB構成的に、オルガンと靴でぺんぺん床をたたいたようなすかすかのBの部分を付けたのが基本形ですね
イントロや間奏の部分が派手になるかんじでつくりました

 

ボーカルはらららーと歌詞なしで入ってました

Aメロがつんのめるような、舌かんでるようなかんじになってますが、募集時点ではもっとヘンテコな16分音符で急にくちゃくちゃっと早口になるメロディーでしたw

 

piapro.jp

 

 2/3にピアプロに歌詞募集の形で初投稿

「なんか屈折した感情のイメージ」とだけ補足させてもらいw(ひどい)

 

かなり歪で機械的なメロディーでしたが、幸いにも6名の方から応募をいただきました

自分の作品に色んな詞をつけていただき、それぞれの世界が全く異なる!

すごいありがたいことであり、どれかを選ばせていただくことに恐縮でした

そんな中、もっともぴったりかつ僕の想像をこえた世界観のBnekoさんの「自我境界ディストピズム」を選ばせてもらいました!

 

いろんなアイテムが出てくるのも面白かったし、あの歪で機械的なメロディーに詞のはまりかたがしっくりきて、これだ!と٩(๑^o^๑)۶

 

ただ例の16分音符でくちゃくちゃってなるところは、さすがにうまくのらず、これはひとえに僕のメロディーが無理強いすぎたのです

Bnekoさんはじめ応募者の皆様にはこの場を借りてお詫びします(こんなとこで詫びてもですがw)

えー、言い訳をすると、いつものように仮歌詞はいれてたのですが、それは歌詞からメロディーを作ってる流れなのではまってました(言い訳にならんです、はいw)

 

それで今の感じにリズムをならしたのですが、どうしても僕のこだわりで、つんのめった感じは少し残しました

 

 

そんなこんなで音源ができて次は動画なのです

そこは、かなり以前にニコニコ静画で拝見したときからいつか使わせていただきたいと思ってた、鼬次郎さんの「悪いゆかりさん」という今回のイラストがすぐに頭に浮かびました

カラフルでかつゆかりさんの表情がなんとも言えない憂いな雰囲気のある絵がぴったりだと思って

鼬次郎さんに連絡したところ、快諾をいただきました

よかったー、ほんと๐·°(৹˃̵﹏˂̵৹)°·๐

 

あと動画は僕がつけたのですが、色調をいじって演出することも快諾いただき、ほんとにありがとうございます

 

これで作品完成!

僕の今までの作品にない感じのものになったと思います

僕はそもそもナチュラルに変な作風とよく言われ(前向きに喜んでますw)、僕らしいって何かは自分ではよく分かりきってませんが、コラボをやる上ではやはり自分の発想になかった新しい要素や世界に取り組んで行きたいと思っているので、今回の「自我境界ディストピズム」は異物感もましながらよいコラボをさせてもらえたと思ってます!

皆様にも気に入って頂けたらなあと、星を見上げ願っています(*´╰╯`๓)

 

 

そして動画はダーク・クドウさんにスペイン語翻訳字幕をつけてもらい、スペイン語圏向けにも同時に発表することにしました

ダーク・クドウさんとはマティスでの「乙女のロイト」「せきららきるら」で同じように翻訳コラボさせて頂いたのですが、これらは発表後に翻訳したもので、新作発表時に同時というのは今回初めての試みでした

 

www.youtube.com

 

そんなこんなでやっと発表にこぎつけたのですが、奇しくも発表前日にパソコンのハードディスクが壊れ、DTM環境も全壊してしまいました

 

投稿も無理かと思ったのですが、たまたま外付けHDDを最近購入していて、wavやmp4だけは救うことが出来、当日は友人のパソコンを借りて投稿することができました!

 

不幸中の幸いでした

これもなにかの運命なんだろなーと思ってます

 

そしてご視聴していただいた皆様、ほんとありがとうございました!!!

 

p.s.

や、これから買い換えて気長にDTM環境を作り直さなきゃ、です๐·°(৹˃̵﹏˂̵৹)°·๐

いつか次の新作をご視聴していただける日を楽しみにしてます

réɪ

久しぶりのMattie-S作品になります。

Mattie-Sとしての前作が、休止前の昨年5月に発表した「ストライカマイン」なので、1年に近い間をあけての発表となり、感慨深いものがあります。

  

www.nicovideo.jp

youtu.be

 

曲の原型は、休止してすぐ7月くらいにありました。まだまだ今の曲調ではなくて、4トラックくらいのシンセのインスト風のなんだかよくわからないものでしたw

大雨だったときの福岡に一人旅に行ってて、そのときにBGMで流してたので、福岡(特に雨の百道浜)の印象がずっとありました。そういう愛着があった原型です。

とはいえ、歌ものではなかったので、そのままお蔵入りしてしまって。

 

その後、初秋に入るころまではマシー名義じゃない作品制作を地道にしていて、それもひとくぎりついたときに、気分をかえて作品を作りたいと思って、蔵から引っ張り出してきたというわけです。

そこで原型をとどめないくらい作り直して、宇宙をイメージした今の曲調になりました。

 

そして作詞なのですが…

割と詞を書くのが好きになってきていたので、この曲も詞を作っていました。

運命の2人の話。

今離れ離れになったとしても、運命と時の環の中でまたきっと巡り合う、というような思いを詞にしたいと思って。

しかし、だいたいの世界観とキーのフレーズはちりばめたものの、なかなか全体として完成しないかんじでした。力不足感ありでしたねw

 

折しも、再度お蔵入りかなーと頭をよぎりはじめたころ、Mattie-Sでユニットを組んでたitsmeさんと連絡を再開する機会がありました。

そこで、itsmeさんにこの曲を聴いてもらい、Mattie-S作品として詞を作ってほしいとお願いすることにしました。

 

出来上がり見せてもらうと、僕の詞が活かされていて、間を埋めるように、itsmeさんの世界観の詞が埋め込まれ全体が組み上げられるような作品となっていました。

itsmeさんいわく、「金継ぎ(きんつぎ)」という陶磁器の修復技法とその芸術性みたいな話題と、今回の曲の世界観が通じると。

「金継ぎ」は、詞の要素にとどまらず、制作過程の経緯と、Mattie-S自体の再開にも何か通じるものを感じるものになりました。

※そういう意味で、詞:マシー、詞追補:itsmeというクレジットはちょっと正確じゃないです。

 

そうやって曲自体は昨年の11月には完成しました。

引き続き今年に入り、itsmeさんのほうで動画を制作してもらい、とうとう作品として完成したという次第です。

動画を観ていただいた方はお気づきかも知れませんが、映像的にも、随所に「金継ぎ」の要素はちりばめられています。

 

Mattie-Sならではの作品になったと思っています。

あんまり自作に自信もつことは少ないのですが、この作品については、悔いのない良いものが作れた思っています。上記のとおりitsmeさんの作り上げた世界がかなり作品の核になっていて感謝ひとしおなのですが、僕も僕なりにがんばれたなと。

そして、みなさんに観てもらいたい作品として発表することができました。

 

この作品を気に入っていただけたら、幸せです。

 

 

お題「自分のDTM環境」

お題「自分のDTM環境」

 

d-kamiさんからのお題です。

しぶしぶ書いてくれと依頼がきたのでしぶしぶ書きます(あ。本気でしぶしぶではなく、d-kamiさんとはなにかにつけしぶしぶというのが決まりになってまして…)

 

※ちなみに2016年にも一度書いてました。

僕のDTM環境について - masii’s notebook

 

  1. DAW


    Cubase Elements 9.0

    もともとはVOCALOID Editor for Cubaseについていたバンドル版のCubase AIを利用していましたが、マシーを休止した半年ほど前に5000円払ってElementsにアップグレードしました。

    ある意味初めての有償DAWです。

    無償のAIとの違いは実はあんまりなくて、インスツルメンツトラックが16から24になったのが大きいですね。僕はあんまり音入れないほうだと思うので16トラックでもなんとかなりますが、それでもときどき上限に達してこれ以上トラックを作成できませんとアラートが出るとしょんぼりしてましたので。

  2. VOCALOID

    結月ゆかり V3
    はい。ゆかりさん一筋です。
    僕と言えばゆかりさんです(ゆかりさんといえば僕になりたいですが)。
    ブログの初期の記事をみてもらうとわかりますが、ゆかりさんに歌ってもらうためにDTMを始めたのです。
    他のボカロの導入を考えたことは少しはありますが、結局ゆかりさんの歌声以上なにがいるのってかんじで、いまだにゆかりさんだけです。

  3. プラグインなど

    マシーの作品は、基本的に内蔵プラグイン(HALIONなど)と無償プラグインでなんとかしてきたのですが、ここ最近導入した有償のものを紹介します。

    Waves GOLD
    エフェクト・プラグインのバンドルです。セール時に13000円で買いました。
    上のCubaseをElementsにしたことよりもこちらのほうが意義がありました。
    今思えば、CubaseのAI時代は、マキシマイザーはないわコンプレッサーはないわで(実はコンプレッサーはあった)、世間ではそういう話題がよくあったけど、結局僕のような貧乏DTMerには関係ないやと無視してました。
    休止前「魅想」までは僕の各トラックには基本的にエフェクターがインサートもセンドもされていないからっぽ状態(ゆかりさんだけリバーブがかかってた)でマスターに無償のW1リミッター。
    ま、要するにミックスという作業は僕はほぼやってなかったってことです。
    ミックスは出来に大きく影響あると理解したので、GOLDを導入し、「クリスタル・クリスマス」と「雨上がり」で使っています。ミックスの本も買ったけど消化できてないので、正直使い方も半分もわかってないかなあ。でも、すごく大事なことは今は実感しています。もっと早く買っておけばよかった。
    誰かミックス教えてほしいですw

    Addictive Drums2
    これは昨年のブラックフライデーで買ったばかりです。7000円未満で買えたのでよかった。
    それまでは、無償版を使っててたのですが、鳴らない音があるので、BDだけ使うとかしてました。

    Real Strat4
    これも昨年のブラックフライデーで7000円未満で買ったもの。正直僕にとってギターは、弾けない、でもかっこいい、でも使えないというジレンマ楽器ですw
    音としてほしい時があり、が、これは使い方わからないのでこれからです。
    誰か教えてほしいですw

    Hybrid3
    100円のシンセ音源です。
    プリセットのパックも少し買ってみました。100円です。
    今一番使用頻度が高いやつです。

  4. 思うところ

    少しずつ有償の沼にはまりつつあるのを実感しますw
    Cubase Elementsにアップグレードしたときに、それまで1年以上かたくなに貫いていた無償のしばりはもうやめようと覚悟したのでした。
    実際、Waves GOLDみたいに、もっと早く導入すべきだったと後悔をするものもあったし。今後もお金はないのでよっぽど買えないけど、必要なものを見極めてこれはってのは導入したいなあと思います。

雨上がり

マシー復帰して、最初の曲になります。

 

この曲は、自分では気に入っています。

地味でゆったりかつ短いから、自分でもほわんとしながら聴けるというかw

 みなさんも気に入ってくれたらうれしいです!

  

ニコニコ動画

nico.ms

Youtube 

youtu.be

 

ーーー

「雨上がり」

にわか雨
駆け出した
君の手を
つなぎとめられないの
心残り

帰り道
泣き出した
僕はぐずだね
のぞきこむ瞳さえ
見知らぬ光

いつか離れる君と
いつもの場所で会える
今日と明日だけでも
そうしていたいんだ

何を祈ればいい?
空は澄みわたり
見失ってしまった
君と僕との歌
見つけられるかな
今だけでいいから

---

 

曲は、詞を中心に取り組みました。

感想をいただき、いろんな解釈をしていただけているんだなと実感しました。すごくうれしかったです。なので、ここで実はこういう詞ですという解説はやめておきますので、ぜひ感じていただけたままでお願いします。

あ、でもひとつだけ。

僕としては、復帰にあたり、曲作りでまた何か見つけたい、未来はどうなるかわからない、今だけでも大事にしたい、という気持ちも大きく重ねています。

 

音的なところ。特に自分で好きなのは、次のところ。

イントロでところどころ止まるのは、とぼとぼ歩いている感にしたかったです。

サビでドラムと共に高いストリングスが入るのは、高い空を見上げるイメージです。

 

一番のポイントは、キキさんの写真です。

今回動く動画にするつもりはなく、一枚絵だと思ってました。

ところが、実際1000作品くらい探したんですが、イメージに合うものがない。

よく考えたら、曲の冒頭はにわか雨が降ってきたところから始まり、気が付けば雨は止んでて、空は晴れているって場面展開が、1分くらいの間に起こるわけで、それが一枚絵であらわされるって不可能だよなと…自分の考えの甘さに行きついてしまいました。

で、うーん、一から考え直しかなあと思ってた時に、ピアプロでキキさんの写真に出会うことになりました。

複数の写真が合わさっていて、キキさんの作品コメントも「晴れと雨、混在。」。すごい!もう最初からこの写真ありきで作ってたかのような錯覚に陥ったくらいです。

すぐにキキさんに連絡したところ快諾いただき、動画完成となりました(*´▽`*)

 

そんなこんなで投稿した「雨上がり」。

地味で短い作品にもかかわらず、みなさんに感想をたくさんいただき、リツイートや広告など応援もたくさんいただき、復帰1作目として幸せな作品になりました。

 

この曲が最初で最後にならないようにw、ゆっくりがんばっていきたいと思います。

ここまでブログ読んでいただいたお優しいみなさん、ありがとうございました!

引き続きよろしくお願いいたします!!