読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masii’s notebook

僕がときどき投稿するDTM作品について、などの予定

氷蝕 ~アンビヴァレンス・アメンチア

投稿曲

オリジナル曲は前回10月下旬投稿なので少し間が空き、今年初の投稿となりました。

 

www.nicovideo.jp



 

実は作り始めた時は(今も入っている)アフリカっぽい打楽器でかんかんいれて、なんか暑く土っぽいかんじにしたいと思ってたんです。

なので、場所はアフリカのどこか、愛する人と死別し自分も死にたいみたいな心情の曲にしたいなあって思いつつ。気に入ってはいたんですが、その時に作りたい曲は他にあったので一旦お蔵入り。

 

あとは、今回のコラボのみなさんをご紹介しつつ作品の作成経緯を書いてみます。

 

作詞:長谷川さん(@madao_sub)

小説を書いている長谷川さん(MADAOさん)はツイッターで出会ってて、彼の書く小説が映像が浮かぶような印象的なシーンが多く、また、死が何らかテーマに織り込まれていることもあり、この曲を思い出したと。それで、ちょっとした遊び気分でなんかコラボしませんかと持ちかけたら、作詞にトライしてもいいと快諾してもらったという経緯です。

で、長谷川さんの発案で、これアフリカじゃなくて氷のイメージにしよう!あと、主人公のほうが愛してる人に裏切られて殺されちゃってて死んだ後の恨み歌にしようと(後に、実際は死んでなくてそれくらいの愛憎ということになりました)。それで氷蝕になったわけです。

なので、音的にはアフリカ的な土臭い音と冷たいクリアな音がいりまじるという不思議なものになりましたが、結局愛憎いりまじるというわけわかんない状態という意味ではあってるかと自己正当化していますw

タイトルも、長谷川さんがつけてくれました。

以下、提案の引用です。

氷蝕は氷が浸蝕すること。「アンビヴァレンス」は、「ある対象に対して愛と憎しみのような、相反する感情が同居している状態のこと」で、「アメンチア」は「(病気などが原因で)意識が混濁し、思考が支離滅裂になっている状態」という意味です。
片や英語、片やラテン語というちょっと変な組み合わせ!

なんてぴったりw

 

イラスト:iseさん(http://piapro.jp/t/KxLv)

iseさんのイラストは、かなり当初から使わせてもらおうと、ピアプロで打診をさせていただいてました。

横顔でフードのお耳が風になびいてて、アンニュイなムード。

僕の中ではこのゆかりさんしかないって心にきめていたので、常にイメージを拝見しながら最後まで曲を作りました。

動画ではイラストをかなり加工しているのですが、ご相談したら快くご了承いただき、ほんと感謝です!

 

動画:とめあさん(@0_tomea)

そしてそして!とめあさん登場!

クリスマスの歌みた企画でご縁があって、その後年が明けて、とめあさんがコラボプレゼントするお年玉企画の抽選であたったという僥倖。

とめあさんは歌い手さんなので、歌をと思ってたら、動画でもいいよって言ってくれて、結局歌も動画もやってくれることになってとんとん拍子に。

とめあさんは半年前に知り合ってたけど、動画作品は一度もお目にかかってなかったので、果たしてどんな動画つくられるか全く不明でした。
結果、ご覧のとおり、素晴らしい動画を作っていただけました。ここまでとは思いもよらず感動しました。

僕のリクエストしたイメージを完璧に作ってくれて、さらに想像を大きく超えていただきました。

そして、とめあさん本職の歌みたもリリースしてもらえました。こちら素晴らしすぎ!後ほど記事を追加しますね。

 

今回Special Thanksとしてクレジットさせていただいたお二人に関して。

 

英詞部分:itsme(いつみ)さん(@itsme0303)

「乙女のロイト」でコラボしたitsme(いつみ)さんがアドバイスしてくれました。日本語ライブラリしかないゆかりさんなので、いかに英語風にうたわせるかというのがめっちゃ苦労しました。いつみさんのアイデアで英語ならではの子音、母音の部分だけもう一人ゆかりさんを重ねて作ろうということなり、それがまた大変で、4小節分くらいなのに、トータル1週間くらいゆかりさんの調声してました。

 

台詞部分:まさゆきさん(@CbrTl)

最後のゆかりさんの「愛してる」というセリフ部分は、まさゆきさんに作成してもらいました。まさゆきさんは、バイクの車載動画を作られていて、ボイスロイドのゆかりさんをお使いなので。短いセリフなので最初はうちのゆかりさんにしゃべってもらおうと思ったのですが、むつかしくてギブアップし、まさゆきさんに泣きついたという顛末です。

 

このようにいろんな方とのコラボで実現した本作でした!感謝感激!

そして、みなさん、聴いていただきほんとにありがとうございます!!